物流を支えている実感が味わえる

長距離も短距離もおまかせ

近年注目を集めている求人のひとつが物流ドライバーです。国内における物資の流通に関わる仕事で、長距離を担当するトラックのドライバーとワゴンタイプの車両を使って短距離を担当するドライバーに大別されます。運ぶ品物は多種多様で、魚介類や野菜など生鮮食品から一般的な雑貨まであるのが通例です。生鮮品なら冷蔵機能を持った車両で運ぶこともめずらしくなく、特殊な車両を運転できるのもこの仕事の魅力です。日本全国で物流ルートが編成されているので、企業活動や市民生活になくてはならない仕事といえます。この仕事につくには、当然ながら運転免許が必要です。大型のトラックを運転するには大型免許が必要ですが、普通免許でも小型トラックなら運転できます。

ドライバーの仕事はどんな様子なのか

物流ドライバーの仕事は、勤務先や運転する車両によって違いがあります。長距離輸送を担当するトラックドライバーの場合、指定された2つの拠点の間を往復するのがよくあるパターンです。空港から工場へ、工場から物流をまとめる流通拠点へなどが具体例で、走行ルートはだいたい決まっています。仕事は昼間だけではなく、夜間に走ることもめずらしくありません。比較的小型の車両を使う短距離ドライバーは、配送ルートまたは担当エリア内にある複数の届け先が目的地となります。届け先は店舗や一般家庭などで、場合によってはルートを戻って再配達することもあります。長距離ドライバーは自分が運ぶ品物の消費者と会うことは少なめですが、短距離ドライバーは消費者の顔がわかる仕事です。