路線バスドライバー

路線バスドライバーの仕事

路線バスドライバーの仕事内容は、その名の通り決まった路線を運行して乗客を運ぶことです。バスを運転することになるのでマニュアルや大型二種免許が必要で、取得した状態で求人に応募するという流れです。ただ、近年は働き手の減少などでドライバーが不足傾向にあるので、入社後に会社のお金で取得させてくれるケースもあります。この辺りの待遇は会社によって異なるので、事前に調べておかないといけません。基本的にはバスを時間通りに運行させて運賃を回収するというシンプルな仕事内容ではありますが、安全運転を第一に考える必要があります。交通事故が発生すると乗客が怪我をするかもしれませんし、ニュースなどで大きく取り上げられます。

求められる能力について

路線バスの運転手に求められる能力は、事故を起こさないように運行する注意深さです。色々な車が通る中で停車と発車を繰り返すので、自家用車を運転する時よりも事故の危険性が高いのです。バスは大型なので、車体のサイズを考えて運転する必要があります。自転車やバイクの接近によって死角が生じることもあるので、全ての動作を慎重に行わないといけません。また、路線バスの利用者は毎日同じ乗客である可能性が高いので、親切な態度も求められます。横暴な人間が運転するバスには乗りたくないですし、クレームが多ければ社内での立場も危うくなります。路線バスとは言ってもスピード超過や一時停止無視などの違反は当然駄目なので、交通ルールの厳守も強く意識したいものです。

ドライバーの転職を検討する場合、求人の募集内容を確認することが大切です。ドライバー経験や資格が必要な場合もあります。