タクシードライバー

プロドライバーとして活躍する

プロのドライバーとして代表的なのはタクシー運転手ですが、最近では多くの人々にドライバーとして活躍してもらうために、20代の若者やリタイヤした60代であってもチャレンジする事が出来ます。タクシードライバーは、普通自動車免許を取得してから3年以上経過している事や、健康状態に問題が無ければ求人に応募可能です。他社との競合をしているタクシー会社では、運転能力が長けている事に加えて、接客能力である接遇力が高い人を求めているケースもあります。接客や営業経験者といったドライバーと無関係の職種の人であっても、面接時の話し方が好印象なら採用されやすくなるので、ドライバーに興味がある場合は積極的に仕事経験をアピールしましょう。

タクシー会社就職後の研修や仕事内容

タクシー会社に就職した後は、試用期間の1か月から3か月にわたって研修をするのが一般的で、接客マナーの講習・営業区域内の地理の勉強などが内容として挙げられます。そして、タクシーを運転出来る普通自動車二種免許を所持していない場合は、会社が指定した教習所で2~3週間にわたって免許取得にチャレンジする事が可能で、取得費用は全額会社が負担してくれます。なお、一定期間就業していないと全額負担にならない事がほとんどで、途中で離職した場合は一部のみを負担してもらえます。試用期間後は、いきなり客を乗せて公道デビューをするのではなく、指導役の上司や同僚を乗せて乗車訓練を行います。合格後はプロドライバーとしてデビューとなり、週に5日程度の旅客輸送をします。仕事中は、研修で教わった接客術を忘れずに、安全を心掛けた状態で常に運転をする事が大切です。

運転手の求人は、業務経験が豊富なベテランが重宝される傾向が見られますが、人材が不足している会社では未経験者や新卒者を受け入れているところもあります。